Pashaパシャの帽子について

Pasha(パシャ)の帽子について

Pashaパシャのパナマハットは、発祥地エクアドルに受け継がれた職人技をもって生み出されています。手間暇のかかる伝統的手法を用いて作られたパナマハットは、丈夫さと美しさを兼ね備え、大人のファッションに相応しい上質な良品に仕上がります。パナマハットの本場エクアドルにて生み出されたPashaパシャのパナマハットを、ぜひご自身の目でお確かめください。

職人の技が光るPashaパシャの伝統的な帽子作り

パナマハットの原料

Pasha(パシャ)の帽子制作

トキヤ草の葉を細く裂いた紐がパナマハットの原料になる。

Pashaパシャの帽子は、昔ながらの伝統的な手法で制作されます。

パナマハットは、トキヤ草の葉を細く裂いた紐で編んで作られます。トキヤ草が用いられた伝統的なパナマハットは「本パナマ」と呼ばれ、他の草とは別格として区別されています。

トキヤ草はエクアドル発祥の植物であり、扇形に開いたユニークな葉をしています。800m級の山に開墾された農場で大切に栽培され、柔らかい草の内側のみが原料として使用されます。

内側のみを裂いて束にしたトキヤ草は、大鍋で茹でられ、吊るされて乾燥を待ちます。大鍋で茹でる作業は重労働、乾燥も自然の力のみです。

パナマハットの編み込み

Pasha(パシャ)の帽子制作

パナマハットは一つ一つ丁寧に手作業で編み込んでいく。

トキヤ草の乾燥を待って、編み込みが行われます。

トキヤ草は均等な素材ではない為、機械で編む事ができません。帽子製作は、全て職人の手作業で行われます。

素材が細く、本数が多くなる程グレードも高くなります。密度も細かくなり、耐久性も上がります。グレードの高いパナマハットは、細いトキヤ草を非常に細かく均一に編み込むため、熟練の職人でなくては作れません。1つ仕上がるまでに何ヶ月もの時間を要しますが、仕上がりはまるで布や皮のように滑らかで美しいものになります。

パナマハットの完成

Pasha(パシャ)の帽子制作

手作業にてようやく完成に至るパナマハット。

編み上げられたパナマハットは、型にはめて手作業で成形され、最後にベルトやリボン等の装飾品を付けて完成を迎えます。

エクアドルに伝わる本場の職人技は、まさにパナマハット文化の結晶。ぜひご自身の目でお確かめください。

Pashaパシャのデザイン・パナマハット

Pasha(パシャ)

多様化するニーズに応え、新鮮な発想で生み出されるデザイン・パナマハット。

ブリーチ(脱色)した生成色に、黒のリボン――パナマハットと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、このイメージではないでしょうか。

勿論この伝統的スタイルを否定するつもりは毛頭ありませんが、一方で、目まぐるしく変化するライフスタイルに伴って、“今までにないパナマハット”を求める声が増大しているのも事実。パナマハットも時代と共に、多様化しなければならない時を迎えているのでしょう。

Pashaパシャが提案するのは、他にはない独創のデザイン・パナマハットです。エクアドルの知的財産である伝統技法をかたくなに守りつつ、デザイン面において新たな領域を切り開く姿勢で、現代人の様々なニーズに応えうる個性的パナマハットを次々と発表しています。

これは決して従来のパナマハットを否定するものではありません。Pashaパシャ流のパナマハット存続へ向けたアプローチです。パナマハット発祥地のブランドとしてこの文化を未来に繋ぐという使命に燃え、温故知新の上で時流に調和してゆくための、不滅を志向した挑戦なのです。

Pasha(パシャ)

常識を破り、新しいパナマハットの可能性を探り続ける。

あらゆる彩りの繊維、リボン、装飾品を組み合わせる事で、Pashaパシャはバラエティーに富んだデザインのパナマハットを創り出します。
その可能性は無限であり、常に世界へ向けてパナマハットの新しいスタイルを提示しているのです。

豊富な色柄のパナマハットは、選ぶ楽しみ、装う喜びを生み出し、夏を鮮やかに彩ります。本場エクアドルから届いたPashaパシャの多様なパナマハットが、他には真似のできない貴方だけの個性を演出してくれる事でしょう。

Pasha(パシャ)

他にはないデザインで装いに差を付ける、Pashaパシャのデザイン・パナマハット。

パナマハットの歴史

Pasha(パシャ)

パナマハットは、パナマと名が付きますが、エクアドルが起源の帽子です。

パナマハットの歴史は数世紀前までに遡り、赤道付近に住むエクアドルの人々が被っていた、トキヤ草によって編まれた帽子に端を発します。

16世紀に入ると、スペイン人が現在のエクアドルに上陸。やがてスペイン支配下の元、現地の帽子とスペイン文化が融合し、現在のような形のパナマハットに進化していきます。赤道の日差しを避けるため、入植者たちの間でパナマハットの需要は伸び続け、大規模生産が行われるようになっていきました。

20世紀に入り、アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領がパナマ運河訪問時にこの帽子を着用。以来「パナマハット」の名で世界中に知れ渡る事となりました。
1900年にはパリの展覧会にてデビューを飾り、いよいよパナマハットは夏のファッションアイテムとして、本格的に世界中で愛用される事となります。

当店のおすすめ商品はこちら

CONRADO(コンラッド)

CONRADO(コンラッド)

12,500円(税込13,500円)

春夏

在庫を確認する

鮮やかなアズール(青)のリボンと自然素材のボタンの取り合わせが新鮮でポップな風をなびかせる。

FRESA(フレッサ)

FRESA(フレッサ)

12,500円(税込13,500円)

春夏

在庫を確認する

整然と編み込まれた編み目に鮮やかな花を咲かせたようなリボンが印象的。

HIELO(イエロ)

HIELO(イエロ)

12,500円(税込13,500円)

春夏

在庫を確認する

光に影が差し込むような濃淡を編み込みで表現した深い青のパナマ。ひとつひとつが持つ計算された個性。